FC2ブログ

    2016

09.19

DESIGINEAST 07

DSC_0476 (3)

143.jpg

DSC_0489.jpg

DSC_0479 (2)

DSC_0484.jpg

DSC_0490.jpg

DSC_0491.jpg

DSC_0493.jpg

改めて、昨日訪れた「DESIGNEAST 07」
@名村造船所跡地/クリエイティブセンター大阪
DESIGNEASTとは、『デザインする状況をデザインする』
ことを目的に2009年に始動したチームと言っていいのでしょうか。
デザイナー、建築家、編集者、研究者の5名の実行委員が
中心となって発足したものです。
毎年テーマを設定し、年に一度、国内外の
ゲストによるトークやワークショップ、映画上映、マルシェなどが
ひとつの”場”に集結したもの。
今回のテーマは「MOBILITIES=移動」です。
3日間の開催でしたが、
お目当てのイベントがあった2日目にgoしました。
フクシマ論の著者でもある社会学者の開沼博さん+
建築家(みかんぐみ)の曽我部昌史さん+
同じく建築家(RFA)の藤村龍至さん、
ファシリテーター家成俊勝さんのトークセッションを
聴きに行きました。
初めて訪れた町、住之江。
北加賀屋ってどこ?って感じでした。
駅から目的地まで初めての町を歩きながら、
その町その町のにおいがあるぁなって感じました。
建物は造船所があったところ。
一歩中に足を踏み入れると、アートな空気が
溢れていました。
「mobilities and mobilizastion」
動く事・動かす事/動ける事・動かない事を
テーマとして設定してトークが行われました。
開沼さんのフクシマと移動しない事、
(震災後の人の移動に見る地方都市の未来)
震災後にどのくらいの人がフクシマを離れたのか
という話で、会場の何人かは30%etc
でも実際は2%。これには驚きました。
テレビで見るフクシマは人がいないイメージだったので。
現実のフクシマの人口の増加は他の地域の人が
持つイメージと随分その差があるのだなと思いました。
「人は移動すると死ぬ」という開沼さんの言葉は
衝撃的でした。
曽我部さんは徳島県の美波町のと
移動させることについて。
地方都市の創生事業で人を呼び込む
取り組みについての話。
藤村さんは移動を介して観光と福祉を
つなげた話。
観光と福祉は対立していてるとのこと。
オリンピックか保育園か。
にぎわいか安らぎかというようなこと。
それと「動けない人を動けるようにする」
例えば後期高齢者の日常生活圏の再構築。
後期高齢者が出来るだけ動ける都市を
作らないと施設はすでにパンクしているし、
財政も破綻するとのこと。
”移動”もそれぞれの立場や視点からだと、
いろいろあるのを実感。
一番自分にとっての身近な移動だと実感したのは、
「移動できる自由と孤独」
自分自身の高齢になった時のイメージ。
拠り所に出来る「拠点・場所」、
どこか最後に帰る場所を決めなければ
いけないというような事。
ちょうど、最後はどこにしようかと
考えていたところだったので、
腑に落ちた言葉でした。
会場、結構前で聴いていたのですが、
ふと振り向くと、すごい人数。
おそらく、ほとんどが建築科の学生やデザイン関係、
建築家の方々。
畑違いのアウェイ感で、専門的な話も多く、
ついて行くのも大変でしたが、
興味深い話題で、実に有意義な時間でした。
皆さんのお話を繋げてつらつら書いたので、
わかりにくかったかもしれません。
でも、心に栄養が行き届いた1日でした。

*3つ目の写真は会場内のデザインetcのショップの様子。
4つ目は流しによるパフォーマンス。
以前「outデラックス」に出演していた北村早樹子さん。
テレビのまんまでした。歌よりトークが面白いです。
後の3つは有田の16組のデザイナーにより新たな陶磁器ブランド
「2016/」”400年の時間と移動の記憶を感じさせるインスタレーション”。
これは、見た瞬間にこの石が器になったというような
事を伝えたいのだなと、解説をみないでもわかりました。
ここは、同じ畑なので^^

展覧会
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

05.18

京都国際写真際

DSC_0365.jpg

今日は夏の香り漂う1日でした。
NYに居た頃のようやく木々が芽吹いてきだした
季節の匂いを思い出しました。
その頃を一瞬んで思い出す匂いです。

先月から始まり、今週末で終わりを迎える、
『京都国際写真際』
日本でも数少ない国際的なフォト・フェスティバル。
世界で活躍する写真家の貴重な作品等が、
寺院や非公開の歴史的建造物、モダンな現代建築etc.
15会場、14の展示がされています。
その他にも無料の会場等、50近くの展示が開催中です。
2016のテーマは『Circle of Life いのちの環』
あまりの数多くの会場のため、全部を観ることは
難しく、わずかな会場しか足を運べていませんが、
どの会場も魅せ方はそのアーティストの個性が出ていて、
いのちや人と人とのつながりが強く伝わってくるものばかりでした。
後、数日。もう1か所くらい回ってみようかな。


展覧会
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

04.26

夏・夏・夏日!

110.jpg

DSC_0329.jpg

予報では夏日とのことでしたが、
ここまで暑いとは。。
青一色の空。
道行く人は、初夏の装い。
半袖に衣替えルにはピッタリの日となりました。
私はバイクなので、まだ上着を羽織っているのですが、
そのまま建物に入るには、暑いし、きっと
”この陽気にそのカッコ?”なんて思われそうで。
(まぁ誰も人の事なんて気にしてないでしょうけど笑)
平日だというのに、美術館は満員御礼。
平安神宮は観光場所でもありますが、
山のような人、人、人。
京都会館はローム会館になっていて、
1階には蔦屋が入っていました。
美術館の敷地内も整備していたようだし、
見慣れた場所も暫く来ないと、すっかり様子が変わっていますね。
こんなに気持ちのいい夏日でしたが、
明日からまた崩れるようですね。
それを見越して朝からバタバタ走り回っていました。
バイクだと何かと大変なんです(笑)

展覧会
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

03.30

村上浩子さんのえほん原画展。

DSC_0295 (1)

今日も随分暖かい1日でした。
桜の開花も進みそうです。
週末あたりは満開でしょうか。

昨日、釉薬かけをしたものの仕上げをして、
その後、本焼きをしました。
明日の窯出しが楽しみです。

3年前に『そらいろたからばこ』で絵本と陶器の
コラボ展でご一緒した村上浩子さんのえほん原画展が
明日から始まります。
彼女の描く動物たちは、いつもユーモラスで個性的です。
今回は新作との事。
どんな仲間たちに会えるのか楽しみです。

ここ最近、時計も音もない空間で集中していると、
時間の流れを見失っていることがしばしば。
ハッと我に返ると、どのくらい時が経過したのかわからず、
不安になります。といっても、驚くほどの時間は経っていなくて、
せいぜい1時間あまり。2時間も経っていることはないのですけど。

明日もお天気よさそうです。
河原までお散歩して、桜の咲き具合を見に行って
みようと思います。

展覧会
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2015

12.24

行ってきました!『ルーシー・リー展』@姫路市立美術館

93.jpg

DSC_0164.jpg

DSC_0159.jpg

DSC_0161.jpg

たっぷり降り続いた雨の後は暖かな1日。
せっかくのクリスマスイブ、雪は無縁のようです。

陶芸家の中では一番好きな、ルーシー・リー。
彼女の没後20年の展覧会に行ってきました。
10月末から始まり今日で終わりなのですが、
昨日、なんとか滑り込みで観ることが出来ました。
電車で姫路に行くのは初めてです。
あまり乗ることのないJR、メールのやり取りをしながら、
来た電車に乗ったら、新快速に乗りたかったのに
間違えて快速に乗ってしまいました(笑)
すぐに気付いて、次の駅で降りて数分後に来る新快速を
乗るべく並んでいました。
モニターでチェックして、新快速の停車位置である△印で
待っていたのですが、なんとホームを間違えました!
背中側のホームだったんです(笑)
全く何やってるんだか。。たどり着くのか私。。
って感じでしたが、なんとか^^:

作品展は、果たして、来てよかったです。
わざわざ時間を作って来た価値アリです。
作品自体は、これまでも何度か見たものなのですが、
やっぱり何度見ても素敵。
ボタンのコレクションがあるのですが、
もうため息ものです。
色彩もとても豊か。
勝手にベスト5などランキングしたり、
これには何を盛ったら栄えるかな等と考えながら、
見て回って楽しみました。
彼女独特の技法も興味深かったです。
真似るという言うのではありませんが、
試してみたい技法もありました。
彼女は、88歳の時に病に倒れるまで、
ロンドン市内の自宅で作品を作り続けました。
まさに生涯現役で死ぬまで作家であったルーシー。
私もそんな風に作り続ける事が出来るでしょうか。
作品だけでなく、彼女の生き方そのものに学ぶべきものが
たくさんありました。

追) 改修工事の終わった姫路城。
二枚目の写真にうっすら写っています。
今回は美術館のみでしたが、次回は
お城を観に訪れたいですね。

展覧会
トラックバック(0)  コメント(0)