2010

05.03

行って来ましたー!『長谷川等伯』展

2010050219010000.jpg 2010050219010001.jpg 携帯であまり考えず撮ったら人が写ってました。。

『長谷川等伯』展に行ってきました!
ほぼ毎回、京都国立博物館での展覧会は長蛇の列で
並ばないと見られないという感じなのですが、
夕方、閉館間際に行くとさすがにスイスイ入れました~
それに今はネットで待ち時間状況なんかも出てて便利に
なりましたね~
それでも、中はそれなりに混んでいたので入館が終了するまで、
なんとなく流し見をして、空いてきた頃にまた最初に戻って。。
ト閉館まで等伯を堪能しました。
最後まで人が多かったのは、全期間通して展示されていた
『松林屏風図』でしたねー
絵画に限りませんけど、やっぱり実物はいいですね。
写真や映像ではわからないものが、自分の目で見て
体感することで、本来の存在感や力強さみたいなものを
感じられるように思います。
松林屏風図は、霧に包まれた松林ということは知っていたけれど、
実際目にしてみると、ウエット感はもちろんのこと、
でもそれより、‘音のない絵’だなと思いました。
静寂よりまだ無音というような感じ。。
まぁ周りはわんさか人がいたんですけどね(笑)
ガラスケースもなく人もいないところで見られたら
いいでしょうね~贅沢すぎますけど。。
外に出るともう夜が始まってましたが、
気候もよく足取り軽く駅へ向かいました。


おでかけ
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

僕もこの度初めて国立博物館に行きました。ここは毎回長蛇の列なのですね。
四方八方からおばちゃんにコ突かれながら、人の流れに乗りながら観る、のを楽しみました。
この一枚、というのは特になかったけど
立派な仕事を遂げた人、という印象でした。

じろう:2010/05/04(火) 14:23:12 | URL | [編集]

じろうさん
じろうさんも見に行かれたのですね~
実は私は猪の肉が好きだってお坊さんの
横に書かれてた猪の頭の絵が面白くて
気に入ったのだけど。。笑

もりもとようこ:2010/05/06(木) 19:23:35 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL