2017

02.15

死語マニア?!

DSC_0663.jpg

昨日はバレンタインデーでしたが、
私が頂いたモノです^^
スペイン産のモノは初めて。
原産地が違うカカオに合わせた個性豊かなチョコです。
メキシコ、エクアドル、ベネズエラ、
サントドミンゴ、グレナダ、パプア、
マダガスカル、カメルーン、キューバ。
それぞれ風味が違います。
それにしても、こんなにカカオの産地があるのには驚きです。
コーヒーと一緒に、至福の時間です。

昨日、ラジオで「死語」の話をしていました。
どこかの機関がリサーチしたものだったかな。
そしたら、今朝も某情報番組で同じ内容を特集していました。
同じ意味でも年代によって呼び方が違うもの。
恋人同士を60代前後では「アベック」40代以下だと
「カップル」10代の一部では「リア充」というらしいです。
リア充だと日常がリアルに充実していることだと思ったのですが、
彼氏彼女がいることが、日常が充実しているので
そう呼ぶようです。
それ流行ってたけど、今は使わないよねってわかってるものは
私も使いませんが、知らない間に使ってたら恥ずかしいですね(笑)
10代の子たちは、「写メ」も使わないらしいです。
写メの”メ”って何?ってことでした。
これは、20代の子も驚いていました。
後、ケイタイの電話のアイコン、受話器の図柄が
わからないっていうのも驚いていましたね。
死語になっていくのには二つの理由があって、
一つは、流行りが終わったからというもの。
二つ目は、別の言葉が主流になったからということでした。
スッパツ→レギンス
チョッキ→ベスト(今やジレ?)
みたいなことですね。
この一連の話を20代の子と話していて、
これはどう?使う?etc.
テレビと同じものもあれば、10代の意見に驚いていたり。。
そこから派生して、ズボンとパンツはどっち使う?トカ
美容院?美容室?ヘアサロン?トカトカ
なかなか盛り上がりました。
私がこら使う?って恐る恐る聞いたものに
フツーに使いますよって。
ホントに?サークルのメンバーにも聞いてみてってことになりました。
次回、結果が楽しみです(笑)

未分類
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL