FC2ブログ

    2016

10.19

秋の晩餐・じき宮ざわ

DSC_0531.jpg
ねかせたイカとフレッシュなものとミックスしたもの。上には海苔。

DSC_0533.jpg
椀物。名残の鱧とはたけしめじ。

DSC_0534.jpg
五日間ねかせた鰆と雲丹。

DSC_0536.jpg
焼いたゴマ豆腐。

DSC_0537.jpg
鮎、自家製からすみ掛け。お粥のソース。

DSC_0538.jpg
上の鮎の頭と骨。カリカリに揚げて、温かいきゅうりのソース。

DSC_0539.jpg
さつまいも・かぼちゃ・くり。

DSC_0540.jpg
焼き物。伝助穴子と白イチジク。

DSC_0542.jpg
カツオのつみれに冬瓜。

DSC_0543.jpg
一杯目と二杯目で味の違いがあるごはん。

DSC_0544.jpg
水物・柿、梨、葡萄、白ワインのジュレ。

DSC_0545.jpg
最後のいっぷく。わらび餅と最中。

DSC_0532.jpg
今宵のワイン。

至福の夜でした。
宮ざわさんが「ごだん宮ざわ」に移られて、
そのまま、お弟子さんの泉さんが
引き継がれているお店です。

一皿目から文句なしの美味しさです。
あ、最初に申し上げると、
お料理、説明してもらったのですが、
○○産のナントカと○○産のナントカを等々、
それをナントカカントカ。。
聞いたそばから、口にした途端忘れてます(笑)
写真の下に書いたものが
かろうじて覚えていることです^^;
お造り系は、流行りのお肉同様、
こちらも結構長い日数ねかせた熟成魚??なのかな。
鰆は特に旨味が凝縮している感じでした。
生で食べられるものも少ないですけど、
この鰆はその中でも、なかなか出回らないものらしいです。
楽しみにしていた一つ、焼いたゴマ豆腐。
外はカリッとしていて中はトロトロ。
お餅のような、でもそこまで粘りはなく、
独特の風味と食感です。
クセになる一品です。
伝助穴子と白イチジクの組み合わせも
絶妙でした。
実は私の大好物ランキングに
鰆と穴子が入るのですが、
その二つが入っているなんて、
本当にしあわせでした♪
ワインも私好みのものがあって、
お料理にもうまくマッチしてくれました。
また、おじゃましたいお店です。

ごはん
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL