2016

07.18

祇園さんの夜の晩餐会@MOTOI

DSC_0408.jpg
白玉だんご・ハスの実の餡が入った白玉団子を揚げたもの

DSC_0409.jpg
京都の夕焼け・冷たいスープ

DSC_0410.jpg
豚バラ肉を広東の技法を用いて焼き上げたもの

DSC_0411.jpg
琵琶鱒のコンフィ

DSC_0412.jpg
賀茂なすのブレッセ

DSC_0414.jpg
オマール海老のグリエ

DSC_0416.jpg
京丹波の夏鹿のロティ

DSC_0415.jpg
大紋ハタのポワレ、いたち胡瓜とリュバーブ

DSC_0417.jpg
大原の紫蘇と軽い茉莉花のシャーベット

DSC_0418.jpg
西瓜とミント水

DSC_0419.jpg
トマトのデクリネゾンとピスターシュ

DSC_0421.jpg

DSC_0407.jpg

三連休、最終日。
今日は海の日なんですね。
あまり馴染みがなくてピンときませんが。。

東京からのお客さまとご一緒させていただきました。
うっとりするような料理の数々。
大正時代の呉服屋さんのお屋敷を
リノベーションした建物。
梁を残して吹きぬけにしてあり、、
圧迫感がなく居心地のいい空間でした。
ミシュランの星つき(後で知りました 笑)
写真をたくさん載せたので、もうお伝えするような事も
ないのですが。。
でも、メニューだけだと”何?”って
わからないものも(笑)
スープは「パリの夕暮れ」というメニューが
そもそもパリにあってそれのオマージュだそうです。
ビシソワーズベースにキャビヤやジュンサイが
入っていました。
鱒のコンフィはクリームチーズ、カカオ、コーヒーの
ソースがとても面白かったです。
ナスのブレッセは、上に載ったウニと
パクチーの種が爽やかでした。
葉っぱは馴染みkがありますが、
シード条のパクチーは初めて。
オマールエビは、アメリケーヌソースが絶妙です。
メインの夏鹿は、ジロール茸とインカの目覚めの
添え物と一緒に。
デザートは三つもあって、食べきれませんでした。
この後、鉾etc.を見に行こうと思っていましたが、
話しが弾んで結局見ないままでした。
今年初めての浴衣をちょっと着物仕立てで
着ていきました。
お話もいい刺激をもらって、
とてもインスパイアされた夜でした。

ごはん
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL