2016

05.07

消えたブルーの謎?!

119.jpg

107.jpg

雨上りの湿度の高いもわっとした空気の土曜日。
今日も朝からフル回転の1日でした。

今回の窯で焼き上がったお皿。
絵の具をいくつか混ぜて、出来上がった色化粧。
いろいろ組み合わせて、模様にしたり、
彫りこんだところにはめ込む”象嵌”にしたり、
焼成前は写真下のような感じだったのに
(過日の記事で載せたものです)
焼成後(写真上)、あれ?
描いたハズの模様がない!
最初、窯から出した時、『私、描き忘れた?』
『無地のお皿なんて入れたっけ?』って
不思議に思ったのですが、
なんだか、焼く前と様子が違う。。
あ、青の絵の具で描いた個所が消えてる
ってことに気付いたのです。
グリーン他も焼成後はずいぶんイメージと違うのですが、
まさか描いたものが、そっくりそのまま消えてるなんて。。
想定外、想像を超えてました(笑)
考えられる事は、この絵具には温度が高かったってことでしょうか。。
それにしても、ここまで消えるものなのかな。
出やすい色、出にくい色はあるのですが、ここまでは初めてです。
焼く前は、このままの色に焼き上がるんじゃないかなと、
けっこう期待したんですけどね~
ガックリ。残念です。でも、ちょっと笑っちゃいましたけど。
思ったより、彩度が低かったですけど、
このアースカラーのシリーズを作るのもいいかもしれません。
ダメな事ばかりを思うより、逆転させて、いいところと捉え、
次につなげていきたいと思います。

陶芸
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL