2016

03.07

『大人のための食育講座&調理実習』@兵庫調理製菓専門学校

DSC_0271.jpg
右手前 スモークチーズとピスタチオのプチパン

DSC_0272.jpg
ブルーチーズ風味のカボチャのマフィン

DSC_0274.jpg
チーズとドライトマトのベーグル

DSC_0277.jpg
濃硬チーズときのこのキッシュ

週末は少し足を延ばして西宮までおでかけしました。
偶然目にした、食育セミナーの参加募集の案内。
日付を見たら、これまた偶然にも帰省する日でした。
場所は”兵庫栄養調理製菓専門学校”。
最寄駅は阪急の西宮北口駅。
いつもは通過するだけの駅ですが、
これは途中下車して参加しようと。
それと、実習内容は、私の苦手なパンだったのと、
西宮北口は懐かしい思い出の駅。
久しぶりに様変わりしたであろう駅に
降り立ってみるのも面白いなと、さっそくエントリーしました。

構内は思ったほど変わりなく、あーこんなだったなぁ、
改札を出ると街の様子は少し変わっていましたが、
なんとなく当時の面影がありました。

セミナーは、今回の協賛である”六甲バター”の営業本部の方が
チーズの歴史や栄養価、調理例などを紹介してくださいました。
スーパーでよく目にする”QBBチーズ”が六甲バターの
商品だとは知りませんでした。
実習メニューはこのチーズを使ったものです。
まずは講師の飯田耕太郎先生が、一通り実演して下さいました。
ポイントを丁寧に関西らしく笑いも盛り込んでの実演です。
でも、4種類もあるのと、専門用語が不慣れで段取りよく
作れる気が全くしませんでした(笑)
なんとかなるだろってお気楽でしたけど。

実習は4人一組で行いました。
でも、ほとんど個々に作ったんですけどね。
ただし、ちょっと予想はしていましたが、
一番教わりたっかた生地は事前に準備してあったので
混ぜて、捏ねて、丸めて、といった作業でした。
マフィンとキッシュは二人一組に分かれて全部作りましたけど。
捏ねて、丸めて、、と簡単に言いましたが、
実はこれが苦戦しました。
ベーグルもプチパンも中に混ぜ物があったので
なかなか上手く形成できませんでした。
。。は言い訳か(笑)
特にベーグルは中に空気が入ってしまったようで、
ドーナツ型にならずにただの丸パンになってしまいました。
でも、どれも味は問題なし!焼き立てをほおばりました。
手作りならではの醍醐味ですよね。
帰りにはお土産もいただき、お楽しみ抽選会でも
チーズのセットが当ったのです。
焼き上がったものも持って両手いっぱいになりましたが、
帰省前のひと時、楽しい時間を過ごせました。

今日は、”もりもとさん”違いの間違い電話でしたが、
懐かしい方から電話がありました。
随分ご無沙汰していましたが、お変わりないご様子に
元気を頂きました。





おでかけ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL