--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2016

01.07

イッセー尾形の創り方 演出家 森田雄三ワークショップ@新開地①

もう10年近く前になりますが、"イッセー尾形"さんの一人芝居を観に行きました。
そして、イッセーさんの虜になり、"イッセー尾形の作り方"なるワークショップの開催を知り、
一も二もなく参加したのです。
数日間あるワークショップでしたが、大阪、それも京阪沿線の
普通しか止まらないような場所でしたので、
1日だけ参加のつもりで出掛けたのです。
それが、1日が2日になり、"最終日の舞台出るよね?"の言葉に、
気付くと頷いていました。そして、結局皆勤賞となり、本番発表にまで出ることとなったのです。
その様子は後日、書きたいと思いますが、
今日は少し飛ばして、、

それ以来、舞台は観に何度も伺いましたが、
ワークショップに参加することはありませんでした。
それが、年末に届いた1通のお便り。
年明けに神戸・新開地の『神戸アートビレッジセンター』で、
"演出家 森田雄三ワークショップ"が開催されるとの事。
今までは、スルーしていたワークショップ、なんだか急に参加したくなりました。
まさにむくむくとその意欲が湧いてきたという感じです。
今回は1/7~10という日程でしたが、お便りを受け取った時には
すでに全日予定が入っていました。
でも、一旦、やりたい!と思ったらなんとしても行きたい!という思いが勝ち、
なんとか時間をやり繰りして、初日のみ参加出来た次第です。
さすがに平日の午後ということもあり、参加者は多くはありませんでしたが、
それでも、あのワークショップを思い出させるドキドキの緊張感を味わいました。
その様子は、数日に渡って書きたいと思います。
今日は、神戸の後に更に大阪に寄っての帰宅となりましたので、続きはまた明日に☆

舞台
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。