2008

12.11

『壱弐参之笑』ひふみのわらい@府立府民ホール アルティ

DSCN1727_convert_20081211224200.jpg
 久しぶりに舞台を観に(聴きに)行きました。
今回は、落語の柳家三三さん、前回京都の舞台を
聴きに行ったときに幸運なことにゴハンをご一緒
させていただいた講談の神田山陽さん、
狂言の茂山宗彦さん、茂さん、童司さんがそれぞれご自分たちの芸
+他の方の芸を少しずつ入れ替えて行うという趣向の舞台でした。
ひとつのお題で、ふたつずつ、みっつの芸が競い合うということで
タイトルが『ひふみのわらい』ということらしいです。
 タイトルのとおり、それぞれの芸はもちろんのこと 
入れ替わっての芸もさすが!!という感じで
お腹いっぱい笑わせてもらいました♪
仲良しの友達とひさしぶりに一緒におでかけということもあり、
いい時間を過ごせました。
 余談ですが、前回の山陽さんの舞台が府立文化芸術会館
だったので危うくそちらに行ってしまうという失態を
やっちゃうところでした(汗)
すんでのところで気がつきましたけど。。(笑)
 シリーズ第一回ということでしたので
次回が待ち遠しいです♪

舞台
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

陽子さんの“癒し系”の要素って、、、
実は“お笑い系”が色濃くはいっていますよね。。笑!
イメージ壊してごめんなさい!
※コメント承認されるかな。。笑

KUMA:2008/12/15(月) 09:10:39 | URL | [編集]

kumaさん
ふふ。。
イメージはC&B!クール&ビューティー!!
ではなく。。。
コメディ&バラエティ~
あ、自分で言っちゃった!!?

もりもとようこ:2008/12/15(月) 10:35:50 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL