FC2ブログ

    2015

06.13

仕上げ筆。

3.jpg

今日は、釉薬かけをした後の仕上げ、
窯詰め、そして、本焼きをしました。
この、仕上げをする時に活躍してくれるのが、
写真の筆です。
毛がとても固いので、釉薬を剥ぐ時に使います。
景色を出したり、細かい部分を剥いだり。。
でも、この筆、そもそも陶芸用ではありません。
筆専門店で購入したのですが、
実は、窓の桟の部分をお掃除するためのものなんです。
これまでも、絵画用の固いものを使っていたのですが、
偶然入った筆屋さんで見つけた時は、”これだ!”と、
思いました(笑)
思った通り使い勝手もバッチリ!!
だけど、こんな風に筆を使うって言うのも、
私がやっているだけで、他の作り手さんがやってらっしゃるかは
知りませんけど。。
このように、元々陶芸用じゃないものを
陶芸用として使っている道具はたくさんあります。
時には、自分で作ることもあります。
そんな道具たちをまた機会があれば紹介しますね。

陶芸
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL