FC2ブログ

    2008

07.01

へんし~ん!そして 整列っ!

DSCN1517_convert_20080630230937.jpg
DSCN1521_convert_20080630231044.jpg
DSCN1522_convert_20080630231217.jpg


 今日は陶芸のお話です!
前回は成形⇒削りの工程をご紹介しましたが、
今回はその続きです。
削り終わったものは乾燥させ、『素焼き』をします。
必ずしも素焼きをしなければならないということは
ないのですが、釉薬をかける場合はほとんど
この工程を経てから行います。
 釉薬の種類は数限りなくあるのですが、
一般に市販されているものですと織部や黄瀬戸、
イラボ等。。名前を聞いたことアル!と言う方も
いらっしゃるかもしれませんね~
私は自分で鉱物などの原料をオリジナルレシピで
混ぜ合わせて作っています。
土も好みの粗さ、色の濃さにするために何種類かを
混ぜ合わせています。
そして、この土にはこの釉薬がしっくりくるなと
なるわけです。
釉薬+土の組み合わせがうまく合ってないと
せっかくそれぞれが いいブレンド具合でも活きて
こないんですねー。時々 これはいける!と思って
掛けてみるととんでもなく『センスない。。。』って
なったり、逆に何気なく掛けたものが『いいんじゃな~い!』
ってなったり いろんな発見があっておもしろいですねー。
 今回使用したのはその中でもレギュラーで活躍している
私の作品には欠かせない釉薬のひとつです。
 
 釉薬を掛けてすぐの状態(写真上)はこんなにきれいな
桜色なのです。写真は窯詰めが完了したところです。
そして、焼き上がりは(写真中)ブルーグレーのような
こんなシブーイ色にへんしーんなのです♪
 
いつも窯を開けるまではドキドキで『いい色に焼けてますように。。』
と祈るような気持ちでいます。
今回もまずまずの仕上がりかなぁ。。(自画自賛)
これを手にした人が喜んでくれますように。。
そんな想いで明日からもまた制作に励みたいと思います。

          陶芸工房 サントラップ    森本陽子

 

陶芸
トラックバック(0)  コメント(5) 

Next |  Back

comments

先日 購入したシブイ色のどんぶり鉢、早速愛用してます。そばちょこも大活躍よ!デイリーに使わせてもらってます。

きのこ:2008/07/01(火) 12:32:40 | URL | [編集]

きのこさん
ありがとうございます♪
そういうお言葉に支えられて
日々がんばっていけるのであります!!

もりもとようこ:2008/07/01(火) 22:39:53 | URL | [編集]

こんばんは 作品が出来る工程、興味あります 面白いです。これはカップですか?アップで見たいです。 きょうはね、YASUKOさん、にお会いしました。

atreil:2008/07/03(木) 23:29:33 | URL | [編集]

atreilさん
えーと お湯のみです!
またメールで全貌を送りますね~

もりもとようこ:2008/07/03(木) 23:40:47 | URL | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-:2008/12/04(木) 00:17:57 | | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL