2008

06.04

脱!!メタボディ!!!

DSCN1484_convert_20080604100708.jpg
DSCN1494_convert_20080604100752.jpg


 今日は本業の陶芸のお話を少し。。。
私は主に『手ひねり』という手法で制作しています。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、粘土を
ひも状にしてそれをつみあげていきます。
縄文式土器みたいなかんじかなぁ。
 まず最初に大まかに作りたいものの形に粘土を
つんでいきます。写真はお湯のみなのですが、
こんな感じになります。(写真上)
そして、しばらく乾燥させます。その後、削りという
作業をします。(私は成形してだいたい次の日に
削るという工程です)
この削りの時に使うのが、前回『道具1』でご紹介した
かきべらというもので余分な粘土を削ぎ落としていきます。
そうすると ほぅら美しいラインがでてきたでしょう!!
(写真下)
私はこの工程で何度も手に持っては重さを調整したり、
ラインや手にしっくりなじむかなぁというのをチェックします。
そして心地いいなと思える状態になったら
削りの作業は終了です♪
こんな風に私も心も体も余分なモノをつけずに
生きていけたらいいなぁと思う今日この頃です。

         陶芸工房 サントラップ   森本陽子

陶芸
トラックバック(0)  コメント(3) 

Next |  Back

comments

毎度お勉強になります!
が!
余計なお肉がいっぱいついている私…
削って取れませんかねぇ…(笑)

かねちゃん:2008/06/04(水) 12:24:10 | URL | [編集]

陽子さんは、メタボじゃないから、何かな?と思えば、陶芸のお話だったんですね。

上方リリコ:2008/06/04(水) 17:37:05 | URL | [編集]

かねちゃん
この後の工程もまた載せますので
ぜひ見てくださいねー

リリコさん
リリコさんこそー
あの白いドレス姿、とても素敵でしたよ~
目に焼きついています!

もりもとようこ:2008/06/05(木) 01:21:31 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL