--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2013

02.01

甘~い展覧会♪

DSC_0862.jpg DSC_0860.jpg
DSC_0859.jpg DSC_0858.jpg

『チョコレート展』@国立科学博物館

バレンタインデーが近いからというわけではありませんが、
なんとも甘~い展覧会。
タイトルどおり、会場に一歩足を踏み入れた途端、
チョコレートの甘い香りが漂ってきました。

まずは、原料となるカカオの事。
一口にカカオと言っても種類もいくつもあって、
産地もガーナやエクアドルといったところが思い浮かびますが、
アジア・インドネシアでも獲れるのは意外でした。
チョコにする過程ではカカオの豆を発酵させるということも
初めて知りました。

約4000年という歴史があるのも驚きです。
最初は飲み物だったようですが、砂糖等が加わるのは
ずっと後の事です。
私たちが日頃口にするチョコレートに変わっていくのには、
バンホーテンやリンツ、ハーシーズetcよく知る名前の方々の
研究の賜物なんですね~

製造工程も紹介されていたのですが、
これを見ると普段なにげなく食べていたチョコレートも
ちょっと見方が変わるような。。
写真のパンダや恐竜もチョコでできているんですよー
こちらは美味しそう!とは言えませんが(笑)

まさに『チョコレートを楽しく学ぶ』展覧会でした♪




展覧会
トラックバック(0)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

私も、先週行ってきましたよ~。
チョコレートポットでシャカシャカやったチョコレートを飲んでみたいです。

むー:2013/02/01(金) 14:22:31 | URL | [編集]

むーさん
おひさしぶりです。
あーわかります!私もホットチョコレート飲みたくなりましたもん♪

もりもとようこ:2013/02/02(土) 08:45:04 | URL | [編集]

さすがに恐竜は食べたい気分にならへんねぇ(^・゜)
百貨店ではダイヤモンドがあしらわれている
300万円のチョコが存在するようで。
予約してる人もいるみたい。
凄いね~(^・^;)

もりい:2013/02/04(月) 16:51:49 | URL | [編集]

もりいさん
300万のチョコレート?!
300万のダイヤだけがいいです(笑)

もりもとようこ:2013/02/05(火) 21:11:33 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。