2016

01.31

1月も最終日&窯焚き(本焼き)

今日はビックリするほど、暖かでしたね。
いつもの重装備だと暑いくらいでした。
このまま暖かくなってくれたらいいのですが、
そこまで春は近くないですよね。
今日で1月もおしまい。
先日、年が明けたと思ったら、もう2月!
ぼやぼやしていたら、桜が咲きますね(笑)

先日から言っていた通り、本日は窯焚き。
今回は、釉薬をかけての本焼きです。
かなりの作品があったので、
すべて窯に収まるか心配だったのですが、
無事、入りきりました。
毎回そうなのですが、形も大きさも違う様々なアイテムを
どの順番でどの組み合わせで、詰めるか、
無駄なく最大限に詰めるのに最初に
全部の作品を見て、判断していきます。
作品がそんなに大量でなければザックリでも構わないのですが、
今日のように多いと、最初にどう詰めるかを
イメージ出来ていないと入りきらないって事になります。
今日の窯のピタピタぶり、見てもらいたいくらいです(笑)
どこにどのピースをはめ込んでいくか、
まるで立体のパズルのようです。
後は、明日の焼き上がり。
どうか期待したような焼き上がりになってますように!

陶芸
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.29

MOLTON BROWN・ハンドクリーム。

101.jpg

予報通りの雨でしたが、暖かい朝でした。
一日中よく降りました。
明日もまたぐずついた空模様のようですね。

1年を通してハンドクリームは私にとって
必需品ですが、冬場は特に出番が多いです。
粘土や釉薬、油断すると手が荒れてしまいます。
夏場に比べて乾燥も激しいので。
新しく使い始めたのがこのクリーム。
『モルトンブラウン』の製品です。
英国王室御用達のブランドらしいです。
香りはいくつもあるのですが、
こちらは”オレンジ&ベルガモット”です。
付け心地はサラっとしているので、
日中使いにいいですね。
ほのかな香りもリラックス効果があります。
逆に寝る時には、しっとりタイプ、
少しオイリーなものを使います。
シーンによって、クリームを使い分けて、
手荒れを防いでいます。
仕事で酷使する手だからこそ、
いつも美しい手でいたいと心がけています。
ガサガサの手だとねぇ。。
なんだか残念な感じですもんね^^
 ...READ MORE?

未分類
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.28

冬場のあったかお洒落・タイツ&レギンス。

DSC_0229.jpg

今日は暖かい1日でしたね。
その代わり、明日はお天気が崩れるそう。
ンー暖かいのは嬉しいけれど。。というところですね。

冬場は、おしゃれにも気を遣いながら、温かく過ごしたい。
寒いとついつい、防寒重視になりがちです^^;
でも、こんな素敵なタイツやレギンスなら、
スカートでのお出かけもウキウキします。
カラータイツも好きなのですが、
柄物もいいですね~
レギンスは、ミニスカート+スニーカーなんてカジュアルな
カッコが”カワあったか”でいいんじゃないでしょうか。
寒さのピークも過ぎたみたいですし、
次のお出かけに、いずれかをコーディネートしたいですね♪

未分類
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.27

本日の釉薬かけ&壊れたファンヒーター。

DSC_0228.jpg

今日も平年並みの気温でホッとしました。
午前中は少しゆっくりして、遅めのスタートでした。
生姜をたっぷり入れた”黒糖ジンジャー・チャイ”で、
くつろぎタイム♪ちょっと生姜を入れすぎたかなと
思ったけど、パンチが効いてて美味しかったです。
生姜ハチミツも一緒に作りました。

午後からは釉薬かけ。
器の内側に何色モノ絵具でドット模様。
この後、この上から釉薬をかけます。
なので、焼き上がりはまた雰囲気が変わりますが、
今の状態は、花火のようですね。
寒い毎日。
早く春が来ないかなぁと、”春待ち”の模様です。

今日、突然、なんの前触れもなく、
洗面台の側に置いている、ミニファンヒーターが
壊れちゃったんです。
なんか暖かくないなぁと思ったら、
風が暖かくなくて冷たい風!
ただの扇風機みたいになってました(笑)
中をばらして見てみたのですが、
ファンは正常、熱線が熱くならないのです。
そこだけどうも通電してないようです。
ここまではわかったのですが、
これ以上は、道具もないし、直せませんでした。
残念。。ンーくやしい。
買って何年も経ってないんですよ。
1年未満だから、無償修理の対象だダーと思って、
買ったお店で調べてもらったら、
2014の11月購入。確か、私の記憶では、
もうすぐ春だけど、まだもう少し必要だなぁと思って
買い直したので去年の2月終わりか3月。
なんと人の記憶とは曖昧なものか(笑)
思い込みもダメですね。
調べてもらった店員さんとのやり取りの途中で、
自分のあまりの勘違いっぷりに
電話口で大笑いした一件でした。

陶芸
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.26

今日の窯出し。

DSC_0227.jpg

気温は例年通りとの事でしたが、
随分暖かく感じるのは、
この数日のあまりの寒さ故でしょうか。

今日は、昨日の窯焚き後の窯出しです。
昨日は温度800℃で完了しています。
この後、釉薬をかけるので、まだ完成ではありません。
色目は、植木鉢のようなテラコッタ色etc.
焼けたと言っても、釉薬をかけるため、あまく焼けてます。
高温で焼きしまってしまうと、釉薬がのらないので。
かけ終わったら、次は本焼き。
今度は1240℃まで温度を上げます。
必ずしもこの温度ではなく、
それぞれの作家さんによって違いはあります。私はこの温度。
明日は、その釉薬かけです。その模様はまた明日☆

陶芸
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.25

本日の釉薬かけ(生かけ)。

DSC_0226.jpg

雪になるかと思いましたが、いいお天気でした。
ただし、寒さは相変わらずですけど。
今夜は十六夜。オレンジの美しい月でした。

今日は、素焼きをしました。
800℃まで温度を上げます。
窯を焚くとこの季節は暖かです。
こちらは、削りをして、素焼きをしないまま
釉薬をかけたモノ。
いつもは、素焼きをした後に釉薬をかけるのですが、
これは、”削り”をした直後にかけたものです。
「生かけ」です。
普段はあまりしないのですが、ちょっとお試しです。
焼く前のモノはもろいので、そこに釉薬(液体)を
かけるのはリスクが伴うのです。
なので、これはいつものように、バケツに入った釉薬に
ドブンとつけるのではなく、筆で塗りました。
その分、本来の釉薬の色とは若干違うと思います。
今日の窯は明日、窯出しして、
釉薬をかけて週末に本焼きをする予定です。
今回は色々、テストピースが入っているので、
どんな風に焼き上がるか、かなりのお楽しみ♪
明日は、寒さも少しおさまるようです。

陶芸
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.24

陽射しに救われた1日。

大寒波との前評判でしたが、
思ったほどではありませんでした。
風は驚くほど冷たかったけど。

手が届きそうなのに届かない、
わかってほしいのにわかってもらえない。
言葉を重ねれば、重ねるほど、
思いとは遠い方向へ行ってしまう。
人は、必ずしも自分の思うような
言葉をくれるわけではないと
理屈ではわかっているのだけど。。
ただ、ほんの少し、今日の陽射しに救われた1日でした。

未分類
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.23

no title


明日は大寒波が来るそうですね。
既に今夜もヒエヒエです。
でも、大寒波ってどんなのなんでしょうね。
寒い以外に想像できません。
大寒波と聞いてイメージするのは、映画の"デイ・アフター・トゥモロー"
マンハッタンが凍るのが衝撃的でした。今回、まさか、そんな事は起こらないでしょうけど笑。

今日は20年来のお友だちからメールをもらいました。年代は随分違うのですが、若い頃から憧れの人。
いつも、色々相談にのってもらったり、気遣ってもらったり。今日のメールもそういう内容でした。
気にかけてくれる人がいるって幸せな事です。
外は寒いけど、気持ちは温かです。
体も温まるように、明日はお鍋にしようかな。

k帯
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.22

抱き枕ならぬ抱き本。

DSC_0232.jpg

今日は、切るような寒さから少し和らいだ空気でした。
最近の寒さから、帰宅後のお風呂とぬくぬくのお布団に
入る時が何よりの至福の時です(笑)
お風呂の時に本を読むのが習慣なのですが、
眠る前のひと時にも。
お風呂では文庫本ですが、
眠る前は、ハードカバーのタイプ。
でも、こちらはいつもなかなか読み進まないのです。
お布団に入ると、すぐに瞼が重くなってしまい、
よく進んで数ページ、たったの1ページ、
同じ行の字ずらを繰り返し眺めてるだけ、
一番ひどいのは、読もうと思って本を手に取って
1ページも開くことなく寝てしまう時です。
まさに抱き枕ならぬ抱き本(笑)
今回読み始めたのは、こちらの本。
いったいいつになったら読み終わることでしょうね~

未分類
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.21

。。。


最近、多くて申し訳ないですが、本日も生存証明のみ(>_<)
画像は友人がパリの画像を送ってきてくれたものです。冬のパリいいなぁ。
寒そうだけど。飛行機に乗って、どこかを旅したいです。

k帯
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.20

雪、雪、雪。

DSC_0233.jpg

今朝は目覚めると、一面の銀世界でした。
夜の間に、雪の気配がしていたので、
もしかして、とカーテンを開けると、
そこには真っ白な世界が広がっていました。
子供の頃、ごく稀に雪が降ると、
嬉しくて、空を見上げて、途切れることなく
舞い降りる雪を追いかけたのを思い出します。
グレーの空に見渡す限りの雪、雪、雪。
空だけを見ていたら、なんだか不思議な世界に
迷い込んだような気がしていました。
今も目をつぶると、当時の情景が浮かびます。
今日の雪は、お昼頃には雨に変わり、
眩しい陽射しにすっかり姿を消してしまいました。

雪は楽しくていいのですが、その代わり極寒。
この時期は、ついつい出かけたり、
何かするのが億劫になりがちです。
着るものも、防寒重視になったり笑。
。。それじゃあダメですよね。
寒さも我慢して、おしゃれ重視にしないと。
コスメ類も女子ゴコロをウキウキさせてくれるアイテムです。
プレゼントされた「ロクシタン」のコスメ。
グロスにハンドクリームのセット。
グロスは甘くていい香りなんです。
ハンドクリームも必須アイテム。
ローズ系のきつめの香りは好きではありませんが、
それ以外の、甘い香り系は好き。
そうだ!この2つをクリアするのに
エステに行くっていうの、いいかもしれませんね。
女子ゴコロ+おでかけ♪

未分類
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.19

今シーズン一番の。。

朝起きて、子供のように、一面の銀世界を期待したのですけど、綺麗に晴れ渡った青空が広がるばかりでした。
夜には降るかと思いましたが、切るような冷たさの風が吹くだけでした。
変わりに今夜も夜空には美しく輝く月。
それを、眺めながらの帰り道。そうなのです。
つい先ほど、ようやく仕事を終えて帰宅です。
もうふらふら笑。
今夜は、お気に入りのバスソルトを入れて、ゆっくり体を休めたいと思います。
短いですが、また明日☆

k帯
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.18

本日の削り ・どんぶり。

DSC_0230.jpg

急激に冷え込む週明けとなりました。
都心では、かなりの量の雪が降り積もっているようです。
明日は京都も?!
今は、月が輝く夜空。
でも、明け方には雪が降り始めているかもしれません。

今日は私の好きな"削り"の工程。
どんぶりです。
今回はこれでおしまいではなく、"白化粧"というものを施し、
その後、絵付けをしようと思っています。
今日は白化粧を塗ったところで終了。
続きはまた明日です。
どうか吹雪きませんように!

陶芸
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.17

安心、安心。

今朝はとびきり冷えてました。
この時期は、目が覚めてもお布団からなかなか出られませんね。

昨夜の夢に母が出てきました。元気だった頃のふくよかな姿。私は、その様子を眺めていて、なぜかここは違う世界だということがわかっていました。
"あぁ、母は元気にしてるんだなぁ"と思って目が覚めたのです。少しも悲しい夢じゃなかった。むしろ、安心、安心。
私も惜しまれるうちに、向こうに行けたらいいなと思うんですけどね。
今行ったら、母に追い返されそうですね。
いつか、向こうに行ったら、たくさんおしゃべりをしたいです。飽きるまで、何時間でも。

予報通りの雨が降り始めたようです。雨音が聞こえています。明け方には止むかな。週の始まり。晴れ空でスタートしてほしいものです。

k帯
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.16

変えようかと思ったけど、やっぱり変えないその理由。

暖冬だというので、油断していたらこの冷えよう。
本来この時期はこのくらいの寒さなんでしょうけど、
12月が暖かかったので、体が追いつきません笑。
来週は更に寒いとの事。
耐えられるかしら。
いっそ冬場は冬眠が出来たらいいのにと
本気で願っています。

今年初の美容院に行ってきました。
ト言っても、伸びた分を切っただけなので、
見た目は特に変わりはありません。
実は久しぶりにカラーリングをしようかと思ったのです。
三年近くぶりだったので、
いつも担当してもらっているスタイリストさんにも
予約を見た時に”え?ホントに??”って思ったって言われました。
髪があまりに傷んできたので、随分前にカラーを止めたのです。
途中、色が中途半端になるよって言うのにも、
徐々に伸びたところを切って、ようやく全部黒に揃ったので、
スタイリストさんには、せっかく染めてたところが取れたのに。。
もちろん、スタイリストさんは、いくつか案を出して下さったり、
カラーのチョイスから、出来るだけ傷まないようにってアドバイスも
頂いたのですけどね。
確かになぁ。。カラーをしてないってことは、
今は髪のコンディションが戻ってきてるってこと。
三年かけたしなぁ。。
と、ギリギリのところで方針変更。
今回はカラーリング中止です。
ショートヘアにしようかと思ったことも
一度や二度ではないんですけどね。
その度に、ひと山越えられなくて躊躇してしまうのです。
そして結局、ロングヘアのまま。
今回はせめて色を変えようかと思ったのですが、
またも躊躇してしまいました。
そんなことをいって、次回カラーをしちゃうかもしれませんが。
まずは、オーガニック系のシャンプーとコンディショナーを
買いに行かねば!いつもその系統のを使っているのですが、
一つに定まらず、シャンプージプシーなのです。
どなたかお勧めのモノがあれば教えてください!

未分類
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.15

ちょこっと寄り道、小屋カフェ。『二条 小屋』

DSC_0225.jpg

DSC_0222.jpg

DSC_0224.jpg

今日は、気分転換にちょこっと寄り道。
前から気になっていたカフェ『二条 小屋』
駐車場のおくーに建っている、店名どおりの小屋のようなカフェ。
民家だったものを改装したとの事でしたが、
前部分が普通に駐車場になっているのに
よく取り壊されずに残っていたものだなぁという佇まい。
気を付けて見ないと、それがカフェだとはわかりません。
ホントにポツンって感じで建っているのです。
中はエル字型のスタンディングのカウンターのみ。
数種類のコーヒーにキャロットケーキ、バナナケーキ、
ホットサンドにワインが少しという、簡潔なメニュー。
私は濃いめのコーヒーをカフェオレにしてもらいました。
来た時にすでにコーヒーを飲んでいた女性、
営業に回っている途中で立ち寄ったとの事。
二人で、店主にコーヒーのこと等を尋ねて
”へぇ”なんて暫し談笑。
彼女が出ていくのと入れ違いで、年配の男性がやってきました。
店主とのやり取りから、常連さんかなと想像。
そして、この小屋の作りの事から、ご自宅のお話など。
またも暫しお話を伺う。
彼が帰られた後、想像したことを尋ねてみると、
やはり週に4回は来られる方との事。
その後は、店主と二人、取り留めのない話。
話していると、彼も兵庫出身、それも加古川。
私も兵庫だという話に盛り上がります。
何だか親近感がわきます。
初めて入ったお店で、店主と隣り合った人との
束の間のおしゃべり。
仕事に戻ったら、思った以上に気持ちが
ほぐれていることに気づきました。
見知らぬ人たちとの取り留めのない会話に
癒されたひと時でした。
次は、ホットサンドも食べてみようかな。

過日のワークショップの最終回に
打ちのめされているというようなことを
書いたけれど、ワークショップの他のメンバーの方から、
心温まるメッセージをいただきました。
私は”そんなにも哀しみを張り付けているのか”と
落ち込んだりもしたのですが、
その方はそうではないと。
「心ざまが深くなったと感じた」と言って下さいました。
雄三さん(演出家さん)が、その方に後に話されてた内容、
長いメッセージを頂いたので、全部は載せられませんが、
陽子さんは愛される娘さんだと。
いい家庭で、素敵なお母さんっだったのですねと。
その長い長いメッセージに胸が熱くなりました。
その方の優しさがいっぱい詰まったメッセージでした。
ほんの少し参加したことを後悔したのですが、
そうではなかった。やはり、意味のある事だったのだと思います。
今日の事も然り。
人と関わることは、時に面倒な事もあるけれど、
他者を通して自身が見えるという事もある。
気持ちを救われることも。
私も誰かのそんな存在になれればと思う。



おでかけ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.14

道具・削り用カンナ。

DSC_0221.jpg

今日も寒い一日だったけれど、
昨日の方は寒かったかな。
単に慣れただけかもしれませんね。

長年愛用している削りの道具です。
といっても、これを使い続けているわけではなくて、
これと同じものを、買い替えて使っているのです。
これは、手ひねりで成形した時の削り用のカンナです。
電動ロクロ、鋳込み、型もの、そして手びねり。
成形のやり方は色々あります。
私は、主に手びねりという手法で成形します。
その後、削りの作業で使うモノです。
荒い土を使うことが多いので、
あっという間に刃が摩耗して、数ミリある幅の刃が、
うすーくなっていきます。たまに切れてしまうころも。
カンナはこの二つだけでなく、
もっと輪っかの部分が大きいモノや、
逆に小さいもの、細いものなど、何種類もあります。
私の作るものに馴染んでいるのが、この2本。
もちろん、部分的に違うものも使いますが、
だいたいは、この2つで。
これまでにいったいどのくらい使ったでしょうね。
年明けに新しくおろしました。
また、今年も始まりました。
このカンナの刃が減った分だけ、作品が増えた証拠。
今年もどんどん刃を減らして、
何本も買い替えて、その代わりに
いい作品をどんどん作り続けたいと思います。


陶芸
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.13

イッセー尾形の創り方 演出家 森田雄三ワークショップ@新開地・最終回

DSC_0218.jpg

100.jpg

今日は本当に寒い1日でした。
昨日、東京では初雪との事。
1日遅れで関西にもその寒さが訪れた感じです。
工房で、寒いなぁと思ったら、
暖房じゃなくて、冷房をつけてました笑。
今日は、生徒さんの旦那さまが、ジョギングの途中で
教室を覗きに来られるという楽しいハプニング♪
”先生の顔が見たかったから”との事。
ドアを開けたら、ランニングウエアを着た方が立っていて、
思わず、部屋間違ってますって言いそうになりました笑。

さてさて、少し間があいてしまいましたが、
ワークショップの続き。
初めて訪れた場所『神戸アートビレッジセンター』
恐る恐る覗いてみると、雄三さん(演出家さん)を
囲んで輪が出来ていました。
”こんにちは”そう声をかけて、私もその輪に加わります。
さっそく、私が素材となった、コミュニケーションが始まります。
『この人はどういう人か想像してみて』
みんなの視線が一斉に私に集まります。
初対面の人々が、私について話し始めます。
脳外科医で、先日行ったっ手術に思い残すことがあって悩んでいる、
水商売をしているケド、色気では売っていない。
でも、ゴージャスに生活している。
芸大を出て、染色家をしているetc.etc.
みんな好きな事を言ってくれる笑。
最終日の舞台にも出られないし、この日も
最後までいられないというと、
みんなの前で一人発表会をさせてもらいました。
正確には一人で成り立たない芝居だったので、
1人横で援護射撃をしてもらいましたけど。
設定だけ決められて、後は即興。
設定は、火葬場。
幼い子を亡くして、言葉にならない母親。
火葬場の立ち上る煙を見つめて、
たった一言”あんなに早く逝ってしまうなんて”
横で友人だか、いとこだかの男性が、
関係のない事を、取り留めもなく話す。
慰めの言葉など何もないから。
哀しみが深すぎて、言葉など出なかった。
涙の一歩手前で
雄三さんには”、いいよ、よかった。でも泣き出しそうで
ちょっとやり過ぎかな”と。
本当は、上手く演じたのではなく、
母の事を思い出して、胸がつまっただけなのです。
後日、他のメンバーから聞いたのか、
雄三さんから、メッセージをいただいた。
『森本さんの事情を知って、腑に落ちています。
黙っているだけで「あふれる哀しみ」でしたね。
それを「涙が出るような表現」ではセンチだし、
体験にならないというのが僕の感想だったのです。
僕はもうすぐ亡くなる側の人間です。
願わくば、皆の「内面が深くなる」との意味付けをしたい。
良い芝居だった。人がいるだけで
演劇は成立すると理屈では分かっていましたけどね』
(一部)
その他にも、昔からのメンバーの方からも。

今回のこのワークショップで、他者から見える私はこんなのかと驚いてみたり、
当っている部分もあるけど、いや違う違うと思ってみたり。
それはあなたの勝手な思い込み、
母が亡くなったという情報からのイメージなのだ。
という思いや、それは私が否定したいだけで、
それも私なのかもしれないという思い。
複雑な思いが折り重なって、
正直な気持ちを言えば、打ちのめされている。
私はそんなにも哀しみを張り付けたまま日々を過ごしているのか。
鏡の前で笑ってみるけれど、答えはまだ出そうにない。

舞台
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.12

。。。

本日は長い、長い1日。
晩ごはんもままならぬ1日。
なので、生存証明のみ。
スミマセン(>_<)
また、明日☆

k帯
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2016

01.11

晴れ空、晴れ着、成人式。

今日は成人式。
快晴で、暖かくてよかったなぁと思っていました。
せっかくの晴れ着ですもんね。
ト言っても、周りに成人を迎える人はいないんですけどね。
自身のは遥か昔ですけど笑
私の振袖は、祖母が高校を卒業した年に
家に呉服屋さんを呼んで、反物から選んで作ってもらったものです。
帯から、帯締めや小物類もすべて。
成人式より随分早くに仕立てられていたので、
最初に着たのは、成人式ではなく、
いとこの結婚式でした。その後も友人の結婚式でも着て、
結局、成人式は三回目くらいだったでしょうか。
当日は、早朝に美容院へ行って、着付けから、
髪のセットをしてもらい、
その後は、写真屋さんへ行って何カットも撮ってもらいました。
なんだかお見合い写真みたいなヤツです笑。
実家を探せばどこかにあるかな??
ビデオもあるハズです。
式に出る前には、それぞれの祖父母にも見せに行きました。
でも、式が終わると早々に脱いでしまって、
大学の友達に会いに神戸に行ったような気がします。
振袖は、その後も結婚式や謝恩会等、何度も着ました。
成人式に一度だけ、という人に比べれば、
随分着た方じゃないでしょうか。
流石にもう振袖は着られないので、次の出番は姪の成人式かな。
でも、色目が地味なので、それが終わったら、
袖を仕立て直してもらって、また着てみようかしら。
思い返してみると、誰もが成人式だからといって、
こんな風に支度をしてもらえるわけではないですよね。
みんなに祝ってもらって、当時は当たり前のように
思っていましたが、それはとても恵まれたことなんだなぁと、
今更ながら実感しています。
今日は成人式とは無縁ですが、
私にとっては、両親や、亡き祖父母に感謝する日とします。


未分類
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.10

今日はえべっさん、今夜は新B

今日はえべっさん。
先日年が明けて初詣に行ったと思ったら(今年は行ってませんが)、あっという間に十日戎ですね。
子供の頃、えべっさんの日は、父の帰りを待ちわびて、家族揃ってお参りに行ったものです。
境内や参道の賑やかな笹飾りや、呼び声が活気があって楽しかったのを思い出します。もちろん、夜店で何か買ってもらうのが嬉しくてというのもありますけど。
もう随分行ってないですね。京都に来てからも一度行っただけ。
今年も行かずに終わりそうです。

今夜は新月。
始まりの月。
年明けから、落ち着いて何かを考えるまもなく、もう10日も過ぎてしまいました。今夜の月のように、一度リセットして新しい気持ちで明日を迎えたいと思います。
夕暮れ時、空を見て、あぁ随分日が長くなったなぁと感じました。
寒い日は続きますが、徐々に春に近づいている。
春の実感はまだまだありませんが、"早く春よこーい"そんな気持ちです。

k帯
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.09

一葉のハガキ。

今日はワークショップのお話はお休みして。。

朝からよく冷えた1日でした。目が覚めた瞬間、昨日よりうんと冷たい空気に出くわしました。
そんな、寒い1日でしたが、帰宅すると一葉のハガキが届いていました。
凛とした字で書かれた寒中見舞い。
墨の色と文字の美しさに心が洗われるようです。
内容も心温まるものでした。暫し、帰宅直後の疲れも忘れて見入ってしまいました。
素敵なハガキに感謝。

k帯
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.08

イッセー尾形の創り方 演出家 森田雄三ワークショップ@新開地②

携帯から長文のタイトルを送ると、
やっぱり途中から変になってしまいますね。
なんででしょう??

今回のワークショップの開催地、
『神戸アートビレッジセンター』は新開地という場所にあります。
新開地。何十回、数百回と通過した駅。
神戸電鉄の始発着駅であり、三ノ宮、元町へ行くにも
ここで乗り換えるのです。
ただし、一度も駅から外へ出たことがありません。
この度初下車!
出口はそのまま商店街に繋がっているのですが、
目の前に広がるその光景に、
一瞬でディープなニオイを嗅ぎ取りました笑。
お昼間から飲める立ち飲みやさん、
パチンコ屋さん、極めつけは、ボートレースの
場外チケット売り場。
この周りは、道路に座り込んで寝ているおじさんを
数人見かけました。
私が歩いていると、この人なんの用や?みたいな顔の
おじさん多数(笑)
そんな中を通りぬけた所にあるのが
『神戸アートビレッジセンター』です。
ちょっとしたカオスのような場所に建てたのがおもしろいです。
おそるおそる中へ入っていくと、
懐かしい雄三さんの顔を見つけてホッとしました。

もう十年近く前、初めてワークショップに参加した時の
事が蘇ります。
雄三さんを中心に車座になって座り、
順番にあてられて指示された内容を、
自分なりに表現するのです。
それは表情であったり、言葉であったり、
その両方だったり。
その一人一人に芝居をつけていくのです。
ダメだ!って強く否定することもあれば、
いいよ、いいよ、そのまま続けてって長く続ける人もいたり。
やってる私は、何が正解か全然わからないままやっていたように思います。
でも、結局正解なんてないのかもしれません。
あざとく演じるようなことをするのではなく、
フツーの人が、フツーの日常を再現するような事がおもしろいのです。
どこかにありそうで、ないような、そんなフツーの人の日常。
すべて即興で、台本も何もない、その瞬間瞬間で創られていくお芝居なのです。
だから台詞を覚えることもない。
1人が発した言葉に、また別の誰かが言葉を紡いでいく、そんなお芝居。
最初は戸惑いながらも、だんだんその雄三ワールドに引き込まれていったのです。
その様子は、また明日に☆

舞台
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.07

イッセー尾形の創り方 演出家 森田雄三ワークショップ@新開地①

もう10年近く前になりますが、"イッセー尾形"さんの一人芝居を観に行きました。
そして、イッセーさんの虜になり、"イッセー尾形の作り方"なるワークショップの開催を知り、
一も二もなく参加したのです。
数日間あるワークショップでしたが、大阪、それも京阪沿線の
普通しか止まらないような場所でしたので、
1日だけ参加のつもりで出掛けたのです。
それが、1日が2日になり、"最終日の舞台出るよね?"の言葉に、
気付くと頷いていました。そして、結局皆勤賞となり、本番発表にまで出ることとなったのです。
その様子は後日、書きたいと思いますが、
今日は少し飛ばして、、

それ以来、舞台は観に何度も伺いましたが、
ワークショップに参加することはありませんでした。
それが、年末に届いた1通のお便り。
年明けに神戸・新開地の『神戸アートビレッジセンター』で、
"演出家 森田雄三ワークショップ"が開催されるとの事。
今までは、スルーしていたワークショップ、なんだか急に参加したくなりました。
まさにむくむくとその意欲が湧いてきたという感じです。
今回は1/7~10という日程でしたが、お便りを受け取った時には
すでに全日予定が入っていました。
でも、一旦、やりたい!と思ったらなんとしても行きたい!という思いが勝ち、
なんとか時間をやり繰りして、初日のみ参加出来た次第です。
さすがに平日の午後ということもあり、参加者は多くはありませんでしたが、
それでも、あのワークショップを思い出させるドキドキの緊張感を味わいました。
その様子は、数日に渡って書きたいと思います。
今日は、神戸の後に更に大阪に寄っての帰宅となりましたので、続きはまた明日に☆

舞台
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.06

何もないけど、何もなくて、穏やかな1日。

なかなか復調しないので、午前中はゆっくりと、片付けものなどしながら過ごし、午後から仕事へ。
意に反して、午前中のゆっくり具合を取り戻さなくちゃいけないかのような多忙な午後。
怒涛のような数時間を送った後、夜までは、またゆるゆると時間が過ぎていきました。
特別な事は何もなくて、でも、何もない分、穏やかな1日。
友人等とのメール、なんて事ないやり取りにも心がほっこりします。
心が穏やかだと、小さな事など、本当に気にならなくなりますね笑
そうでなくても、寛容に、鷹揚にいられればいいんですけど。
今年は出来るだけ、そういう気持ちを保ち続けられるようにしたいですね。

k帯
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.05

Made in 兵庫・三木。

99.jpg

いきなり包丁の画像で驚かれたかもしれませんね。
これは、私が長年愛用しているマイ包丁です。
わかりづらいですが、『陽子』の名入りです。
私の生まれた街で作られたもの。
兵庫県の三木市は『金物の街』です。
ノコギリ等の工具類から、包丁等々。

素材は青鋼という種類で、硬度と粘りがあるものです。
でも使ってそのままにしてると、さびやすいので、
すぐに洗ってしまうようにしています。
時々メンテナンスもしますよー
といっても、自分では研げないので、
これは父の担当です笑。
研いでもらった後は、怖いくらいに切れます。
やっぱり切れ味のいいものは、料理してても心地いいですね。
滑らかに切れるので切り口もきれいに仕上がります。
写真のモノの他にも数本切るものによって使い分けているのですが、
さてさて、切れ味のよみがえったマイ包丁で
何を作りましょうか♪

未分類
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.04

縁起物!にらみ鯛。

98.jpg

今日から仕事初めという方も多いでしょうね。
私もその一人です。
ただ、昨日の日記にも書いたとおり、
体調が今ひとつなため、少しゆっくりめのスタートです。
予報では、春のような暖かさとありましたが、
部屋の中ではその気配はありません。
意外と外の方が暖かいのかもしれませんね。

お正月には欠かせない『にらみ鯛』
毎年、年末に地元にある魚屋さんにオーダーして、
大晦日に取りに行きます。
炭で一つ一つ丁寧に焼き上げてあります。
炭もいいものを使用してあって、本当に美味しいです。
かなり大きいのでなかなか食べきれませんが。
でも、子供の頃はよく食べていたのですが、
ここ近年は、眺めるだけで手を付けないのですが、
今年は久しぶりに頂きました。
肉厚で身がふっくらしていて、鯛の風味が
口いっぱいに広がります。
縁起物の鯛を頂いて、縁起のいいことが起こりますように!

余談ですが、ここの焼き穴子も美味しいんですよ。
穴子好きの私にはたまりません♪
もちろん、こちらも頂きました^^

ごはん
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.03

無事帰還@京都

年末に来て帰ったコートが暑苦しいような、今日の気温でした。
コートを脱いで、手に持っている人も多く、でも、流石に半袖の人を見かけた時は"そんなに暑くないでしよー"って思わず心の中でツッコミました笑。

年末までの多忙さの中でも踏ん張っていたのに、ここへ来て、どうやら風邪を引いたようです。
ちょっとフラフラしながら、京都への帰還でした。
そんなわけなので、日記は帰りましたの報告のみ。
明日から仕事初め。
また体調が戻れば、朝にでも書きたいと思います。

k帯
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.02

恒例の同窓会。

お正月のこの季節にしては、とても暖かな1日。
明日は更に気温が高いようです。心配だけど、寒さに弱いのでホッとします。

今日は、午後は小学生の時の友人、夜は高校の時の友人に会いました。
同窓会というほどの規模ではなくて、今も途切れず続いている縁のある友人と顔を合わすという感じです。
どちらともなく、年末近くなると連絡し合う、そんな仲です。
小学生の時の友人はそれすらもせず、フラリと私がお邪魔する時もあります。
そんな時でもイヤな顔ひとつせず、迎えてくれる友人に感謝です。
どちらの友人たちとも、何と言うこともない、たわいもない会話をするだけなんですけどね。
でも、とても懐かしく楽しい時間です。
そして、"また来年!"って笑顔で手を振って別れます。
また来年も、またその次も、笑顔で会えますように。
いい時間をありがとう。

k帯
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

01.01

2016元旦

DSC_0215.jpg

喪中なので、新年のご挨拶は控えさせて頂きますが、
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。

この手帳にたくさんの予定、たくさんの良い出来事を
書き込んでいけますように。
ゆっくりでも、少しずつでも前に進んでいきたいと思います。
まわりの人たちにたくさんの幸せが訪れますように。
そんな思いでいっぱいの
2016、元旦です!

k帯
トラックバック(0)  コメント(2) 

 |TOP