2012

06.17

2つの『井田照一』展

DSC_0214.jpg DSC_0215.jpg

展覧会のお話が続きますが。。

現代美術家の『井田照一』展。
京都市美術館と京都国立近代美術館で同時開催されています。
お向かいどうしで同じ作家を扱うなんて面白い企画です。

「Surface is the Betweenー表面は間である」という コンセプトで
制作された作品が並びます。
版画を中心に、、陶、ペーパーワークなど様々な素材を用いた作品は、
哲学的でどれも興味深いです。

行ったのが、平日の朝ということもあって、とてもゆったりと”井田照一の世界”を
堪能することができました。

*京都市美術館は6/17、近代美術館は6/24迄です。


展覧会
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2012

06.16

『陶芸の魅力×アートのドキドキ』行ってきましたよ~

DSC_0206.jpg DSC_0208.jpg

滋賀県立陶芸の森美術館で開催中の
『陶芸の魅力×アートのドキドキ』展に行ってきました。
ピカソや岡本太郎等々、陶芸を専門としない画家や彫刻家が
粘土という素材を選んで制作した作品が並びます。
それらの作品を観るのも楽しみで行ったのですが、
一番の目的は、展覧会に伴って開催された
”舟越桂”さんのアーティストトークを聴講するためです。
舟越さんは、メトロポリタン美術館で作品を拝見して以来、長年の憧れの作家さんです。
作品も素敵ですが、モノ作りのお話もとても心に響きました。
ほんの少しお話をさせて頂いたのですが、こんなにドキドキしたのは久しぶりです♪
右の写真の著書を持参してミーハーなファン丸出しでサインをしていただきました(笑)

『アトリエは迷いの場であり、迷うから道を探す』
舟越さんの言葉の中でも特に好きな言葉です。
私も日々、迷い、道を探しあてたように思っては、また迷いの繰り返しです。




展覧会
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2012

06.09

焼き菓子工房 COLETTEさんのケーキのためのお皿たち

DSC_0180.jpg DSC_0182.jpg
ショーウインドーにも飾っていただいています♪
DSC_0177.jpg DSC_0179.jpg
DSC_0162.jpg DSC_0163.jpg DSC_0165.jpg
4色のドット柄のお皿♪
                 
先月の18日にリニューアルオープンした『焼き菓子工房 COLETTE』さん。
そこのショーケースに並ぶケーキのためのお皿を制作させていただきました。
お皿の看板等がリンゴ柄ということで、お皿もリンゴ柄です♪
元々、白梅町というところでされていたのですが、4周年を期に下鴨へ
移転されてのリニューアルオープンです。
新しいお店もオーナーの大らかな性格そのもののような、
親しみやすい可愛らしい空間となっています(^^)
〒606-0831京都市左京区下鴨北園町11-4
営業日:金・土・日・月:12時~19時
TEL&FAX 075-722-2800

陶芸
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2012

06.08

『坂東玉三郎』美の世界へようこそ

DSC_0199.jpg DSC_0194.jpg
DSC_0195.jpg DSC_0193.jpg

少し前になるのですが、坂東玉三郎主演の
『ふるあめりかに袖はぬらさじ』@南座、観に行ってきました。
玉三郎さん以外、ほとんどが歌舞伎の役者さんじゃない、珍しい舞台でした。
いつもの玉三郎さんのイメージと違って、傾城ではなく、
よくしゃべる世話好きの芸者さんの役で、劇中で起こったことを
話すときは、まるで講談師のようだったのですが、
どのお役でも玉三郎さんは気品があって居住まいが美しいです。
舞台に伴って、『玉三郎”美”の世界展』も開催されていました。
選りすぐりの衣装や舞台写真等が展示してあります。
”楽屋拝見”と題した、楽屋を再現したコーナーも。
舞台、展示と、玉三郎さんの魅力いっぱいの”美”の世界でした。
ふるあめりか~の舞台は終了していますが、6月も引き続き、
”美”の世界展、坂東玉三郎特別公演『阿古屋』『傾城』が上演されています。




舞台
トラックバック(0)  コメント(2) 

 |TOP