2017

10.11

「蝉丸」@下鴨神社

DSC_2574.jpg

DSC_2577.jpg

今日も昨日と同様、暑い1日でした。
素焼きの窯が終わって、窯出し後、
さっそく釉薬をかけました。
釉薬をかけると、いつもの事なんですが、
シャツやスニーカーetc跳ねたりして
あちこちに飛ぶのですが、今日も例外に漏れず。。
洗いたてのデニムの裾に^^;
まぁ作業服なのでいいんですけどねー

『陰陽師』30周年記念作品
コンサート『蝉丸』@下鴨神社 橋殿
10/14(土)18:30~
お世話になっている、夢枕獏さんのイベントです。
事務所代表のNさんがフライヤーを送って下さいました。
獏さんの朗読と現代音楽の融合。
下鴨神社というロケーション。
幻想的なコンサートになりそうです。

舞台
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2017

10.01

イッセー尾形の妄ソーセキ劇場@京都府立文化芸術会館

DSC_2572.jpg

私の大好きな俳優、イッセー尾形さん。
テレビetcではお姿を見かけますが、
舞台、一人芝居は本当に久しぶりです。
最後に観た公演は、大手町だったかな?
原宿のクエストだったかな??
京都での公演はなんと5年ぶりとのこと。
フライヤーの写真のイッセーさんは、髪が真っ白になられて、
心持ちふっくらされたよう。
いつもの一人芝居は、どこかにいそうで、
こんな人きっといるいる!というような、
名もなき人々の日常の風景を切り取ったものでしたが、
今回は、夏目漱石の小説の登場人物から。
ただ、主役ではなく脇役、それもその人物についての
記述が1ページにもみたないものや、
台詞さえない人物たち。
イッセーさんが、その人物設定と文章から、
肉付けしていき、形をなした人物を演じていきます。
「坑夫」「草枕」「道草」「門」「明暗」
読んだことのないものもありますが、
読み返して、イッセーさんのそれと重ねてみようと思います。
ウクレレを弾きながらの歌も健在で、
あぁイッセーさんだーーと感無量でした。
「おかえりなさいーー!!」って気持ちでいっぱいでした。
また、来年も公演があるとの事。
今から待ち遠しいです。


舞台
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2017

07.02

「芸術はどこへ?」@京都府立芸術会館ホール

DSC_2393.jpg

DSC_2391.jpg

DSC_2392.jpg

あっという間に7月です。
梅雨真っ只中ですが、先月は爽やかな日が多かったですね。
残念ながら、月末あたりから本来のこの時期らしい蒸し暑さです。
同じ暑さなら、カラッと暑い夏が来てほしいものです。

先週ですが、「芸術は何処へ?」と題した連続講座
@京都府立芸術会館ホール
へ行ってきました。
9回あるうちの6回目の講座です。
この会の登壇者は、指揮者の井上道義氏と
現代美術家の会田誠氏。
それぞれの講演の後、進行役の通崎睦美さんと
三人でのトークセッションでした。
私のお目当ては会田さんで、
井上さんは存じ上げなかったのですが、
とてもユニークな方で、普段は聞けないような
オーケストラのお話等々、ぐいぐい引き込まれて
あっという間の1時間でした。
ところどころ映像が流れたのですが、
それを観ているだけでも大迫力で、実際にホールへ
足を運びたくなりました。
会田さんは、ご自身の作品の移り変わりや、
その世代世代の現代アートの作品を
画像で紹介されたのですが、
これがまたグダグダで(笑)
まとまりがなくて、話のポイント、
いったい何が言いたいのか全くわからない(笑)
この講演を聴いていた井上さんが、
第三部で、「話しは要領よくまとめないとダメ」
もう途中で出て行きました。
って、のっけから本気でご立腹の先制パンチ。
見ているこちらがヒヤヒヤするくらい。
私はそのグダグダぶりを楽しんでいたのですけどね。
その後も何度も井上さんに攻撃?!を受けて、
ちょっと弱り気味、タジタジ気味の会田さん。
気の毒なようでもあり、可愛らしくもありという感じでした。
写真は、終了後の一コマ。
右が会田さん、左が井上さんです。
二枚目は、井上さんが「偉そうにカッコつけてるとこ」
って、ポーズを取ってくださったのですが、
鬼才をお待たせしちゃいけないと思って、
あわてて撮ったら、ボケてしまいました。
残念^^;
でも、モノづくりのマエストロのお話は、
気持ちをワクワク、ドキドキさせてくれて、
こういう感覚が大事なのかもと思わせてくれる時間でした。

舞台
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2016

05.16

FINAL LEGEND Ⅳ②

DSC_0351.jpg

週明けから曇り空。
そして、夕方からは雨。
今はもうなんなの?ってくらいの大雨です。
帰りついた時にはずぶぬれです。
明日は止んでくれないかなぁ。

昨日の続き。
『FINAL LEGEND Ⅳ』
LEGEND TOKYOで受賞した、選りすぐりの
作品が集結したダンスの祭典。
振付師の方が、自分のチーム(生徒さん?)を率いて、
ダンスパフォーマンスを披露する公演です。
10人ほどの振付師が終結したのですが、まさに十人十色。
それぞれの世界観がよく表れているなぁと思いました。
各チーム50人近くいるのですが、
この大所帯をまとめるのってすごいなぁと単純に感心してしまいました。
選曲にもその人の個性が出てるなと思いました。
それぞれが、均等に各パートを踊るチームもあれば、
完全に衣装も違うエースが主役の踊りもアリ。
ミュージカル調アリ、メッセージ性の強いものアリ、
コミカル調、キレキレの魅せる踊りのもの、
色とりどりでしたね。
チーム1人1人が違う振付というわけではありませんが、
それでも盆踊りのように全員が同じってわけではないですからね。
作っていく過程を見てみたいような気持になりました。
印象に残ったチーム、チームというより、”あの子”って
個人が印象に残ったものいくつかありました。
気に入ったものは今日も曲がヘビロテしています(笑)
そうそう、会場はロームシアター(旧京都会館)でしたが、
新しい建物は気持ちがいいです。
併設されている”蔦屋BOOKS”にも行ってみました。
スタバのテラス席はとても心地よかったです。

昨日は、京都の三大祭、葵祭でもありました。
実は長らく京都に住んでいますが、一度も見たことがありません(笑)
代わりに父が友人たちと見に来ており、
少しだけ顔を見せるねと言っていたので、
仕事帰りにすこーしホテルへ。
でも少しのつもりが父は『ごはん、食べに行こう』って。
本人は仲間と食べているのですが、私が食べてないので
食べさせないとと思ったようです。
ホントはちょっと疲れていたので顔だけ見たら帰りたかったのですが、
あんなに笑顔で嬉しそうに行こう!って言われたら断れないです(笑)
ほんの一時間ほどでしたが、軽く食べて、父は飲んで。
場所が変わると(家じゃなくて)何だか新鮮で、
父も飲んでることもありましたが、とても饒舌でした。
もともと仲良しの父娘ですが、昨夜も。
初対面の女将さんに娘の自慢なんかしたりして^^;
あんなに嬉しそうな父の顔を見ていたら、
父より長生きして、もっと頑張って父孝行しないとなぁと
実感した初夏の夜でした。

舞台
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

05.15

FINAL LEGEND Ⅳ①

DSC_0353.jpg

昨日に引き続き気持ちのいい1日でした。
昨日の場面転換3回は、最初は自分の仕事、
2回目は神戸の友人が訪ねて来てくれた事。
3年ぶりの再会です。
日頃メールのやり取りをしていることもあるので、
久しぶりだけど、久しぶりじゃないような。
懐かしい話もいろいろ飛び出して、
盛り上がり過ぎて、あっという間の数時間でした。
この日のラストの場面転換は、ロームシアターでの仕事。
なので、友人との待ち合わせは、このロームシアターでした。
分刻みとは言いませんが、タイトなスケジュールだったので、
移動の時間を減らすために、車で来るという友人にあまえて
次の仕事場まで来てもらったのです。
そして、その仕事というのが、『FINAL LEGEND Ⅳ』
振付師の才能に着目し、日本のストリートダンスに
舞台公演・ダンス作品創作に対する革新的広がりを生んだ話題の
エンタメ 作品コンテスト『Legend Tokyo』
その歴代受賞作・話題作が一堂に再演されたものが
『FINAL LEGEND』です。
横浜会場に続き、関西での開催です。
これに友人の歌舞伎パフォーマーの『雅屋』さんが
ゲストパフォーマーで出演のため、
スタッフを頼まれたのです。
私の担当は映像係り。
自分史上、初めてのビデオ撮影です。
慣れないながらもなんとかミッションはクリアしたはずです(笑)
その様子とステージ本番の話は明日のブログで。
なにせ、昨日に続き長丁場だったもので^^;
決してもったいつけてるわけではありません。

舞台
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack